百人一首メモノート

気ままなメモノート

(77)瀬を早み 岩にせかるる 滝川の

百人一首77番歌瀬を早み 岩にせかるる 滝川の われても末に 逢はむとぞ思ふ「詞花集」恋上『題知らず』229 by 崇徳院 1119~1164 第75代天皇崇徳天皇の父は鳥羽天皇。 母は、待賢門院璋子(藤原公実の娘) 滝川の流れが早いので、岩にあたって急流が2つに分か…

(76)わたの原 漕ぎ出でてみれば 久方の

百人一首76番歌わたの原 漕ぎ出でてみれば ひさかたの 雲居にまがふ 沖つ白波「詞花集」雑下382by 法性寺入道前関白太政大臣 ほっしょうじのにゅうどう・さきのかんぱく・だじょうだいじん) 藤原忠通 1097~1164 藤原北家 書の法性寺流の始祖 大海に舟を漕ぎ…

(75)契りおきし させもが露を 命にて

百人一首75番歌ちぎりおきし させもが露を 命にて あはれ今年の 秋も去(い)ぬめり「千載集」雑上1023by 藤原基俊 1056~1142 右大臣藤原俊家の子 75番歌藤原基俊も、74番歌源俊頼と同じく堀河院歌壇のひとりで、歌合の論評で対立するなどライバルだったようで…

(74)憂かりける 人を初瀬の 山おろしよ

百人一首74番歌憂かりける 人を初瀬の 山おろしよ はげしかれとは 祈らぬものを「千載集」恋2-707by 源俊頼朝臣 1055~1129 宇多源氏の末裔 71番歌・源経信の3男 85番歌・俊恵法師の父 74番歌は「千載集」詞書によると、藤原定家の祖父藤原俊忠の邸で「祈れども逢…

(73)高砂の 尾の上の桜 咲きにけり

百人一首73番歌高砂の 尾上(をのへ)の桜 咲きにけり 外山(とやま)の霞 立たずもあらなむ「後拾遺集」春上120by 前中納言匡房(大江匡房) さきのちゅうなごんおおえのまさふさ 1041~1111 59番歌赤染衛門の曾孫 心待ちにしていた彼方の高い山の頂きの桜が…

番外メモ 「堀河院艶書合」を主催した堀河天皇の時代

「堀河院艶書合」を主催した堀河天皇は第73代天皇。 (1079-1107) 白河天皇の第2皇子。母は中宮賢子(藤原師実の養女。実父は源顕房)で、1084年に亡くなりました。異母弟の皇太子実仁親王が死去したため、1086年に立太子し、即日父白河帝の譲位を受けて8歳で即位…

(72)音に聞く 高師の浜の あだ波は

百人一首72番歌音に聞く 高師の浜の あだ波は かけじや袖の 濡れもこそすれ 「金葉集」恋下469by 祐子内親王家紀伊 生没年不詳 後朱雀天皇の皇女祐子内親王の女房 (有名な高師の浜の波にはかからないようにします。袖が濡れてしまっては困りますから) 「金葉…

(71)夕されば 門田の稲葉 おとづれて

百人一首71番歌夕されば 門田(かどた)の稲葉 おとづれて 葦のまろやに 秋風ぞ吹く 「金葉集」秋173by 大納言経信 (源経信、つねのぶ) 1016~1097 宇多源氏の公卿 74番歌俊頼の父 85番歌俊恵法師の祖父 夕されば=夕方になると葦のまろや=葦葺の粗末な小屋…

(70)寂しさに 宿を立ち出でて 眺むれば

百人一首70番歌 寂しさに 宿を立ち出でて 眺むれば いづこも同じ 秋の夕暮 「後拾遺集」秋上333 by 良暹法師(りょうぜんほうし) 生年不詳~1064年頃? 「宿」は旅館ではなく自宅、庵のことです。良暹法師は、大原や雲林院にも住んでいたようです。俗世を避けて…

(69)嵐吹く 三室の山の もみぢ葉は

百人一首69番歌 嵐吹く 三室の山の もみぢ葉は 竜田の川の 錦なりけり 「後拾遺集」秋下366 (永承4年内裏歌合によめる)by 能因法師 (橘永愷たちばなのながやす) 988~1050頃 橘氏の末裔 後冷泉天皇の時代、永承4年(1049年)11月9日に宮中で催された歌合で…

(68)心にも あらで憂き世に ながらへば

百人一首68番歌心にも あらで憂き世に ながらへば 恋しかるべき 夜半の月かな 「後拾遺集」雑1-860 by 三条院 976~1017 冷泉天皇の第2皇子 1011年に即位 1016年に後一条天皇に譲位 心ならずも、この辛い世に生きながらえてしまったならば、きっとこの夜更けの…

(67)春の夜の 夢ばかりなる 手枕に

百人一首67番歌 春の夜の 夢ばかりなる 手枕(たまくら)に かひなく立たむ 名こそ惜しけれ 「千載集」雑上964by 周防内侍 生年不詳~1108年頃 桓武平氏高棟流、平棟仲の娘 短い春の夜の夢のような、しばしのまどろみに貴方の手枕をお借りして、そのために浮き…

(66)もろともに あはれと思へ 山ざくら

百人一首66番歌 もろともに あはれと思へ 山ざくら 花よりほかに 知る人もなし 「金葉集」雑上521 (大峰に思ひもかけず桜の咲きたりけるを見て)by 大僧正行尊 1055~1135 三条天皇の曾孫 小一条院敦明親王の孫 源基平の息子 もろともに慈しみ合おう山桜よ こ…

番外メモ 源氏の始祖たち

番外メモ 源氏の始祖たち65番歌作者相模の父・清和源氏・源頼光は摂津源氏の始祖です。百人一首1番歌、飛鳥時代の天智天皇の歌に始まり、時は流れて 紫式部や清少納言が活躍した後の貴族の恋の歌などが続いた後、65番歌に清和源氏の娘相模が登場しました。田…

(65)恨み侘び ほさぬ袖だに あるものを

百人一首65番歌恨み侘び ほさぬ袖だに あるものを 恋に朽ちなむ 名こそ惜しけれ 「後拾遺集」恋4-815 (永承6年内裏歌合に)by 相模 995~1061 清和源氏源頼光の娘(または養女) 恨む気力もなくなって 涙で乾くひまもない袖だけでも惜しいのに その上に、恋の…

(64)朝ぼらけ 宇治の川霧 たえだえに

百人一首64番歌朝ぼらけ 宇治の川霧 絶えだえに あらはれ渡る 瀬々の網代木 「千載集」冬419by 権中納言定頼(さだより) 995~1045 公任(55番歌)の長男 夜明け方、立ちこめていた宇治川の霧がとぎれて、霧のたえまたえまに現れる、川瀬の網代木よ。 ⌒*:゚⌒*:゚⌒*:…

(63)今はただ 思ひ絶えなむ とばかりを

百人一首63番歌今はただ 思ひ絶えなむ とばかりを 人づてならで 言ふよしもがな 「後拾遺集」恋3-750 by 左京大夫道雅 993~1054 関白藤原道隆の孫 内大臣伊周の息子今となってはもう、貴方への思いを諦めようということだけを、人づてではなく直接逢って言う…

(62)夜をこめて 鳥のそら音は はかるとも

百人一首62番歌夜をこめて 鳥のそら音(ね)は はかるとも よに逢坂の 関はゆるさじ 「後拾遺集」巻16雑上939by 清少納言 966?~1027? 36番歌・清原深養父の曾孫 42番歌・清原元輔の娘 「枕草子」著者 一条天皇皇后定子の女房 まだ夜が明けないうちに、 (孟嘗君が…

(61)いにしへの奈良の都の八重ざくら

百人一首61番歌いにしへの 奈良の都の 八重ざくら 今日九重(ここのえ)に 匂ひぬるかな「詞花集」春29 by 伊勢大輔(いせのたいふ) 生没年未詳 大中臣能宣(49番歌)の孫 中宮彰子の女房 紫式部の後輩大中臣氏は代々伊勢の祭主で、父輔親が神祇官の大輔だったため…

(60)大江山 生野の道の 遠ければ

百人一首60番歌大江山 生野の道の 遠ければ まだふみも見ず 天の橋立 「金葉集」雑上550 by 小式部内侍(こしきぶのないし) 生年不詳~1025 和泉式部(56番歌)の娘 父は和泉式部の最初の夫、橘道貞 中宮彰子に仕えた 母の居る丹後までは、大江山を越え生野を通る…

(59)やすらはで 寝なましものを 小夜更けて

百人一首59番歌やすらはで 寝なましものを 小夜更けて かたぶくまでの 月を見しかな 「後拾遺集」恋2-680 by 赤染衛門(あかぞめえもん) 958年頃~没年未詳 大江匡衡(おおえのまさひら)の妻 曾孫は73番歌・大江匡房 中宮彰子に仕えた あなたが来ないとわかって…

(58)有馬山 いなのささ原 風吹けば

百人一首58番歌有馬山 いなの篠原(ささはら) 風吹けば いでそよ人を 忘れやはする 「後拾遺集」恋2-709by 大弐三位(だいにのさんみ) 999年頃生まれ~没年未詳 紫式部(57番歌)の娘賢子 中宮彰子に仕えた 「後拾遺集」の詞書 「離れ離れ(かれがれ)なる男の、お…

(57)めぐり逢ひて 見しやそれとも 分かぬまに

百人一首57番歌めぐり逢ひて 見しやそれとも 分かぬまに 雲隠れにし 夜半(よは)の月かな「新古今集」雑上1497 by 紫式部 生没年不詳 藤原為時の娘。 「源氏物語」「紫式部日記」作者 中宮彰子の女房の一人 久し振りにめぐり逢い、間違いなくその人なのかと見分けが…

(56)あらざらむ この世のほかの 思ひ出に

百人一首56番歌あらざらむ この世のほかの 思ひ出に 今ひとたびの 逢ふこともがな 「後拾遺集」恋3-763 by 和泉式部 970年代~不詳 越前守大江雅致(まさむね)の娘 中宮彰子の女房の一人 60番歌小式部内侍の母 あらざらむ(=死にそうな私が)この世のほか(=あ…

(55)滝の音は たえて久しく なりぬれど

百人一首55番歌滝の音は たえて久しく なりぬれど 名こそ流れて なほ聞こえけれ「千載集」雑上1035 (「拾遺集」雑上449:滝の糸)by 大納言公任(きんとう) 966~1041(76歳) 関白太政大臣頼忠の息子 64番歌定頼の父 水が枯れて滝の音が絶えて久しいですが、そ…

(54)忘れじの 行く末までは かたければ

百人一首54番歌忘れじの 行く末までは かたければ 今日を限りの 命ともがな「新古今和歌集」恋3-1149by 儀同三司母 高階貴子 (たかしなのきし、たかこ) 生年不詳~996年 藤原道隆の妻 一条天皇后定子の母 忘れないと仰いますが、これから遠い先までずっとな…

(53)嘆きつつ ひとり寝る夜の 明くる間は

百人一首53番歌嘆きつつ ひとり寝る夜の 明くる間は いかに久しき ものとかは知る「拾遺集」恋4-912by 右大将道綱母 937頃~995頃 「蜻蛉日記」の作者 18歳位頃に藤原兼家と結婚して翌年道綱を出産。 嘆きながら1人寝する夜、夜明けまでがどんなに長く辛いことか…

(52)明けぬれば 暮るるものとは 知りながら

百人一首52番歌明けぬれば 暮るるものとは 知りながら なほうらめしき 朝ぼらけかな「後拾遺集」恋2-672 by 藤原道信朝臣 972~994(23歳)夜が明ければやがて日が暮れてまた逢えると知っていますが、それでもなお恨めしいのは去らなければならない明け方にな…

(51)・・その②

百人一首51番歌・・その②藤原実方は、父・定時が早世したため、叔父の大納言・藤原済時(なりとき)の養子となりました。天延元年(973年)叙爵。左近少将、左近中将等の武官を歴任しています。 長徳元年(995年)正月、陸奥守に任じられました。同年3月から…

(51)かくとだに えやはいぶきの さしも草・・その①

百人一首51番歌かくとだに えやは伊吹の さしも草 さしも知らじな 燃ゆる思ひを「後拾遺集」巻1恋612 詞書「女に初めてつかわしける」by 藤原実方 生年不詳~999(40歳位) 「こんなに貴方を思っています」とさえ言えないのですから、ましてや伊吹山のヨモギ(もぐ…